胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)で代償性発汗に

発汗の原因にはいくつかあり、まずは、運動したり、
気温が高い時などに体温調節のためにかく汗があります。

これは健康な人間であれば誰でもかく汗であり、生命を維持するうえでも大切なものです。

次に、恐怖や不安、興奮などの精神的な要因で手汗や足の裏の汗などにかく汗です。

その他に、手汗などの多汗症手術で、
胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)で交感神経を切断したあとに、
ほぼ確実に発症する現象として代償性発汗というものがあります。

代償性発汗は、字から判断できるように、
胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)で抑えられるようになった汗が、
代わりの(別の)部位から発汗する現象のことをいいます。

この現象自体にリスクが伴うわけではなく、
何か特別な制汗対策があるわけでもありません。

代償性発汗は生理的な発汗

最近は、リスクが少ないということで、手汗など多汗症の制汗対策として、
胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)が施される例が増えてきました。

この手術は、頭に近い高い位置の神経遮断であるほど、
顔や額からの汗が出にくくなるという特徴があります。

そのため、体内の熱を発散させるために、
背中や太ももなどの別の部位からの発汗が促進されます。

代償性発汗は、精神性発汗とは異なり、
暑いときや辛いものを食べた後の体内の熱発散の結果としての発汗と
同様の原理だと考えられます。

つまりは、体温調節のための生理的な発汗と同類であり、
発汗場所が本来の部位とは異なるということです。

代償性発汗を考慮した手汗対策の検討を

代償性発汗は、手汗などの症状を改善させ、
制汗の対策を施す手術の結果として発症するものです。

手汗を止めるために手術をしたものの、
その結果、代償性発汗で悩まされるようになってしまった
という人も存在します。もちろん、

こうした状況になった場合の対策や治療もありますが、
手術を行う際は、代償性発汗のリスクのことも考慮に入れることも重要です。

せっかく手術したのに、
別の部位の発汗が発症しては元も子もありません。

そのためには、手術の担当医と慎重に相談する必要があります。

手汗対策

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy