手汗対策としての内視鏡手術(ETS手術)

手汗や足の裏、額などの多汗症で、
汗がしたたり落ちるような症状の場合、
そうした状況を改善したいと願うはずです。

今では、内視鏡手術(ETS手術)を始め、
手汗の対策や改善の方法はいろいろと確立してきたので、
リスクが少なく自分にあった方法で手汗などを治すことができます。

心理療法や薬物療法もリスクが少ない方法の一つですが、
即効性があるわけではなく、完治までに時間がかかったり、
症状の改善が一時的だったりします。

しかし、手術をおこなえば、悩みの部位の多汗症が確実に治るメリットがあります。
手術にはいくつか種類があるのですが、内視鏡手術は、
大きな効果が期待でき、手汗などの症状が完治します。

内視鏡手術で手汗対策が出来る理由

内視鏡手術は、手汗を止める目的でおこなわれる手術で、
リスクの少ない手汗を止める対策として、最近になって人気が高まってきています。

内視鏡手術の原理は、手汗を出す命令を送っている交感神経を、
内視鏡を使って切断するというものです。

腋の下の皮膚に小さな穴を開けて、
そこからカメラがついた極細の管を入れ、
医師は、モニター画面の映像を見ながら手術をします。

そして、背骨近の交感神経の束を探し出して切断するわけです。

左右両方の交感神経を切断する必要があるのですが、
この手術に要する時間は、30分前後と非常に短く、
傷跡もほとんど残らない上、痛みもほとんどないのが特徴です。

入院せずに日帰りでの手術も可能です。

内視鏡手術の後には確実に手汗はもちろんのこと、
顔全体や脇下、背中など特に上半身の発汗量も少なくなります。

内視鏡手術でも代償性発汗のリスクはあります

ただ、内視鏡手術も外科手術なので、
若干のリスクはあります。

それは、顔がほてってあつく感じる現象や代償性発汗です。

代償性発汗とは、手術後に胸や太もものなどの発汗量が増える現象のことです。

しかし、どの程度の発汗量になるかは個人差があり、
一概にその度合いをいうことはできませんが、
その対策や対処法はありますので、

手術をしてもらった担当医に相談しアドバイスをもらうことが重要です。

手汗対策

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy