手汗対策と健康保険

手汗や足の裏の多量の発汗などの症状がある人は、
精神的なものが原因である可能性が高いです。

その治療法には心理療法や薬物療法、各種手術といったことが挙げられ、
いずれも多汗症などを抑制する対策としては効果が実証されています。

手に水泡ができるなどの手汗などの多汗症で悩んでいる人にとっては、
一刻も早くその対策を考え、症状の改善のために、
自分にあった改善法を模索することでしょう。

そこで、問題になってくるのは、病院などで手汗の手術などをした場合に、
健康保険が適用されるかどうかです。

健康保険が適用されないと全額自己負担になるので、
健康保険が適用されて安く受けられる治療でも高額な出費となってしまいます。

胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)などは健康保険適用

手汗をはじめとした多汗症の治療や手術に対して、
健康保険が適用されるかどうかは、病院などの施設によっても異なりますし、
治療方法や手術方法によっても変わってきます。

しかし、ここ最近は、手汗などの多汗症の治療や手術にも
健康保険が適用されるようになってきていますので、
よほど先進的な医療や、一般的でない薬品を処方されない限りは安心しても良いでしょう。

たとえば、胸部交感神経遮断手術や内視鏡手術(ETS手術)などを、
多汗症が原因とされる手汗の手術をした場合、問題なく健康保険が適用されるので、
それほどの出費にはなりません。

美容外科治療は健康保険が適用されないことも

しかし、美容外科などで治療や手術がおこなわれる場合は、
健康保険が適用されない場合があります。

また、手汗の原因が多汗症でないとか、
原因がはっきり解明されずに分からないという診断がなされた場合は、
健康保険が適用されるかの判断は微妙です。

こういった場合は、病院やクリニックなどの施設でも判断は異なり、
健康保険適応外になってしまう場合もあるので、
事前に病院やクリニックに相談して聞いてみることをおすすめします。

健康保険が適用されるかどうか、自分で調べて対策をする必要もあります。

また、同じ治療や手術を受けるにしても、施設によって費用がかなり違うので、
その点についても事前に調べておきましょう。

手汗対策

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy