胸部交感神経遮断手術で手汗対策

手汗の多汗症などが、日常生活に支障をきたすほどの重度の場合には、
その原因を突き止めて、リスクの少ない手段で何らかの措置を施したいと切に願うものです。

手汗などの治療法には、心理療法や精神安定剤、
ボトックス注射治療などの薬物療法が挙げられますが、
手術をして根本から手汗などの悩みを解決する方法もあります。

その中の一つが、胸部交感神経遮断手術というものです。

何か仰々しい名称で大掛かりな手術のようなイメージがしますが、
実際の手術内容は、まず、全身麻酔をかけた後に、わきの下に数ミリの小さな穴を開けて、
そこから胸腔鏡を挿入して、交感神経系を切除するという方法です。

胸部交感神経遮断手術は保険適用

交感神経系の働きが活発になって発汗が促され、
手汗などの多汗症の症状が出ていると考え、交感神経系を切除して、
中枢と抹消との連絡を遮断してしまおうというのです。

最近では、制汗などの対策として、
多汗症の治療で多く実施されている手術方法です。

手術自体は、30分前後の短い時間で終了する容易なものですので、
日帰りで気軽に行なうことができる手術です。

また、体への負担や人体へのリスクも少なく、
手術は、わきの下に小さな穴を開けるだけなので、
手術後に傷跡などが目立たないというメリットもあります。

外科手術ということで、保険もきちんと適用されるので、
安心して受けられるのではないでしょうか。

胸部交感神経遮断手術のによる手汗対策のリスク

制汗の対策としては、胸部交感神経遮断手術はメリットが多いのですが、
いくつかデメリットもあります。

この手術で切除した神経系は元には戻らないということです。

また、神経を切除したことによって「代償性発汗」が全身に発症する可能性があります。

しかし、手汗など、当初の手術の目的は確実に胸部交感神経遮断手術によって達成できます。

それゆえに、胸部交感神経遮断手術が人気のある手術方法となっているわけです。

手汗などの多汗症の対策としては有効ですが、
短時間だとはいえ外科手術をおこなうことにはなるので、
副作用を含めた若干のリスクは承知しておく必要はあります。

手汗対策

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy