薬物療法の一つである神経遮断薬で手汗対策

手汗や足の裏の汗、多汗症などのように、
体温調整のためにかく汗とは異なる原因で発汗する場合は、
精神性発汗などが疑われ、その対策としては
精神を安定させることなどが挙げられます。

また、手汗などを抑制する対策として、
薬物療法の一つである神経遮断薬を使用した方法があります。

薬物療法ですから、副作用が生じるリスクはありますが、
発汗を抑えるには有効な手段なので
多汗症などの改善の効果が期待できる治療法として知られています。

神経遮断薬で手汗対策に効果がある理由

神経遮断薬という言葉は、薬物療法の専門用語ですから
日常生活では聞くことはほとんどないでしょう。

聞き慣れない言葉で、具体的にどのような治療法なのか
わからない方がほとんどかもしれません。

神経遮断薬には、「抗コリン剤」と呼ばれる治療薬が使用されるのが一般的で、
これは直接神経に作用して発汗量を抑制します。

副交感神経の末端から分泌される発汗神経の伝達物質である
アセチルコリンを抑えることによって、汗の量を減らしたり、
ストップさせることができるのです。

この「抗コリン剤」は、腰痛や腹痛などの痛みを抑制するのが本来の目的ですが、
アセチルコリンを抑える効果があり、
手汗など多汗症の改善の際の治療薬としても最近では使用されているわけです。

神経遮断薬での手汗対策リスク

このように、手汗をはじめとした多汗症を抑制する対策の一つとして
神経遮断薬を使った治療法が有効なのですが、
同時に副作用のリスクにも注意しなくてはなりません。

薬物療法にリスクはつきものですが、
「抗コリン剤」はあらゆる器官の働きを抑制する作用をするため、
心臓の鼓動が増えたり、唾液が分泌されにくくなって喉が渇いたりします。

その他にも、眠気、胃腸障害、便秘などの副作用の可能性が高いです。

したがって、神経遮断薬は常用するというよりも、
発汗を抑えたい時に限定的に使用するのが望ましいでしょう。

最近は「抗コリン剤」の副作用は弱いものへと改良されてきていますが、
薬物療法による制汗の対策ですから、リスクがあるということを理解し、
医師の助言に従って服用することが大切です。

手汗対策

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy